<PR>携帯でお小遣いを稼ぐならお財布.com

代表関連 | サッカーニュース♪

メインはイタリアセリエAのニュースです。リーグ戦、CL、移籍関連など随時更新していく予定です。

↓からお勧め商品へGO
HIDETOSHI NAKATA DVD-BOX 1
HIDETOSHI NAKATA DVD-BOX 2
2006FIFAワールドカップ ドイツ オフィシャルライセンスDVD「大会チャンピオン 優勝への軌跡」
THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP FIFAワールドカップ歴代大会全記録[DVD SPECIAL BOX]
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD ベストマッチ10
HIDETOSHI NAKATA DVD-BOX 1
HIDETOSHI NAKATA DVD-BOX 2
2006FIFAワールドカップ ドイツ オフィシャルライセンスDVD「大会チャンピオン 優勝への軌跡」
THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP FIFAワールドカップ歴代大会全記録[DVD SPECIAL BOX]
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD ベストマッチ10

セリエA情報リンク

日程・結果
順位
戦績
ゴールランキング

Pick Up Item

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

Game

Jリーグ ウイニングイレブン10+(プラス) 欧州リーグ'06-07
Jリーグ ウイニングイレブン10+(プラス) 欧州リーグ'06-07
ワールドサッカーウイニングイレブン10

ワールドサッカーウイニングイレブン10

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

イタリア代表、トッティ外れてカッサーノ復帰

イタリア協会は27日、欧州選手権予選リトアニア戦(9月2日)とフランス戦(同6日)に向けた選手24人を発表した。若手中心だった16日の親善試合クロアチア戦ではW杯メンバーを1人しか招集しなかったが、今回は9人を招集。主将のDFカンナバロやGKブッフォンらが名を連ねた。また、不調でW杯を外されたFWカッサーノが復帰。代表続行を表明しているMFトッティは調整不足で今回は外された。

代表召集メンバーは以下の通り

GK
ジャンルイジ・ブッフォン
クリスティアン・アッビアーティ
マルコ・アメーリア

DF
アンドレア・バルザリ
ファビオ・カンナバロ
ダリオ・ダイネッリ
ファビオ・グロッソ
マッシモ・オッド
マヌエレ・パスクアル
クリスティアン・ザッカルド
ジャンルカ・ザンブロッタ

MF
マッシモ・アンブロジーニ
ダニエレ・デ・ロッシ
ジェンナーロ・ガットゥーゾ
マルコ・マルキオンニ
シモーネ・ペロッタ
アンドレア・ピルロ
フランコ・セミオリ

FW
エミリアーノ・ボナッツォーリ
アントニオ・カッサーノ
アルベルト・ジラルディーノ
フィリポ・インザーギ
ダビド・ディ・ミケーレ
トンマーゾ・ロッキ

マテラッツィは前回W杯決勝でのジダンとのトラブルにより欠場。
ネスタは負傷からは回復しているものの、コンディションの問題で召集されず。
トッティは本人が「まだ100%に戻っていない」と回避。
トニはまだトップフォームには戻っていない。
デルピエロは好調のように見えるが、戦術的問題で選ばれなかった。

イタリア代表は9月2日にリトアニアと、そして9月6日にフランスと欧州選手権予選を戦う。

| 代表関連 | comments(1) | trackbacks(0) |

ベッカム不要?新生イングランド4発で快勝

新生イングランドが快勝スタートを切った。
16日、マンチェスターでギリシャと親善試合を行い、FWピーター・クロウチ(25=リバプール)の2ゴールなどで4―0と圧勝。
マクラーレン新監督の初陣を飾った。
前主将のデビッド・ベッカム(31=Rマドリード)が外れた右MFではスティーブン・ジェラード(26=リバプール)が先発。
川本治氏(元ジェフ市原強化部長)とともに、新生イングランドの可能性を探った。

◇親善試合で圧勝
イングランド代表監督の初陣での4点差以上勝利は、46年のウィンターボトム氏以来。
マクラーレン監督は「特に前半は素晴らしかった。望んでいた通りのパフォーマンスだった」と会心の笑みを浮かべた。

<好バランス>
川本氏「ベッカムがいなければダメだという感じはなかった。ベッカムがいる布陣よりバランスがいい。もし自分が監督だとしても、これが一番と感じただろう」
「構想に入っていない」とベッカムを外した指揮官は、これまで中央でプレーしてきたジェラードを右MFで先発起用した。
プレースタイルは異なる。
右サイドに張り付いてクロスを上げるのが持ち味のベッカムに対し、ジェラードは万能型。
マクラーレン監督は「選手にはある程度の自由を与えた」と、ジェラードにもポジションに固執しない動きを認めた。
前半42分の4点目は、カウンターから左サイドを駆け上がったジェラードのサイドチェンジから生まれた。
ジェラード自身も「前線にも出ていけたし、試合を楽しめた」と満足そうに振り返った。

<動き&守備力>
川本氏「ベッカムは止まったボールを蹴る能力に秀でているが、ジェラードは動いてスペースをつくったり、自らスペースに出ていくこともできる。守備力も大きい。ベッカムはボールを奪われたときに対応が遅れるところがあった」
ランパードも生きた。
前半30分の2点目は前線に飛び出したランパードがデフォーのスルーパスを受けて決め、同35分の3点目も、ゴール前に詰めたランパードのシュートのこぼれ球をクロウチが押し込んだ。
ジェラードとランパードを並べたW杯では、一方が攻め上がれば、他方は守備を気にしなければならなかったが、守備力の高いハーグリーブスをランパードと組ませたことが奏功した。

◇両立ランパード
<ランパードとジェラードの両立>
川本氏「攻守のバランスを考えれば、中盤にはハーグリーブスが必要と考えたのだろう。じゃあ誰を外すかとなったときに、3人の比較でベッカムが外れるのは仕方がない。この日はジェラードとランパードの攻撃力がともに生きた」
マクラーレン監督は後半24分に両サイドのMF、レノンとリチャードソンを同時投入し、4―4―2から4―1―4―1に変更した。
レノンは典型的なウインガー。
鋭いドリブル突破で相手を置き去りにするなど見せ場をつくった。

<レノンはオプション>
川本氏「ベッカムもジェラードも1対1で勝負するタイプではないが、チームにはそういうタイプの選手も必要。レノンは展開次第で使えるオプションとしてメドが立った」
内容次第では「ベッカム復帰待望論」が起こってもおかしくなかったが、そういう声を封じ込める快勝。
それでも川本氏は新たな提案もする。

<スーパーサブ・ベッカム>
川本氏「クロウチがヘッドでゴールを決めたものの、高さを生かした得点ではなかった。
パワープレーが必要な展開になったときに、ベンチにベッカムがいてくれたら、というのはある」
9月2日のアンドラ戦でスタートする08年欧州選手権予選。
イングランド中盤のレギュラーがジェラード、ハーグリーブス、ランパードに、この日は欠場のJ・コールとなることはほぼ間違いない。
そこにベッカムが切り札としてベンチに陣取るのが、現時点での“最強布陣”と言えそうだ。

◇自宅でTV観戦
○…ベッカムは16日、休暇を過ごした英国からスペインに移動する飛行機が遅れたためRマドリードの練習に間に合わず、全体練習終了後に別メニューで調整した。
練習場を去るときには、すでにイングランド戦は始まっており、後半から自宅でテレビ観戦したもよう。

| 代表関連 | comments(1) | trackbacks(0) |

敗戦を悔しがるアンブロジーニ

イタリア代表にとってW杯後初となるクロアチア戦で、主将を務めたMFアンブロジーニは、チームの敗戦を悔しがっている。
0-2で敗れたイタリア代表は
「今の僕らはフィジカルコンディションはベストじゃない。それでも、何度かチャンスを作ることはできた。もちろん、もっと良い試合もできたんだろうけど、シーズンの初期では簡単じゃないのさ」
と語った。

試合後に最も話題となったのは、MFリヴェラーニの役割である。
イタリアメディアはセットプレイを含む全てのプレイがリヴェラーニを通じて行なわれ、それによって他の選手たちに選択肢がなかったと分析した。
だが、アンブロジーニは
「前半のリヴェラーニは素晴らしかったし、中盤の司令塔としてよくやったと思う。僕らは彼を信用しているから、必要以上に彼にボールを預けたのかもしれない」
とかばっている。

| 代表関連 | comments(1) | trackbacks(0) |

新生アズーリ、W杯優勝メンバーはアメーリアのみ

イタリア代表ロベルト・ドナドーニ新監督が16日に行われるクロアチアとの親善試合に臨む代表メンバーを発表。
W杯優勝メンバーから第3GKマルコ・アメーリアのみという大胆でフレッシュなチーム編成を明らかにした。

前日会見ですでにドナドーニ監督が示唆していたように、W杯優勝メンバーのほとんどがコンディション的に100%ではないと判断され、スター不在のアッズーリとなった。
代表経験者はわずか7人。
ドナドーニ監督はDFジュリオ・ファルコーネ、クリスチャン・テルッツィ、MFジェンナーロ・デルベッキオ、マッシモ・ゴッビ、ステファノ・マローネ、アンジェロ・パロンボ、FWトマソ・ロッキといった若手も招集し、新生イタリアをアピールする。

世界王者イタリアは水曜日にクロアチアと対戦し、その後欧州選手権予選に臨む。
グループBでイタリアを待ち構えるのはフランス、ウクライナ、スコットランド、グルジア、フェロー諸島、リトアニアだが、この中から2チームのみが本戦に進出できるという激戦区。
この中をこのメンバーで勝ち抜くことは楽なことではない。
早期のW杯メンバーの合流に期待がかかる。

GK : マルコ・アメーリア、フラビオ・ローマ

DF : ダニエレ・ボネーラ、ジョルジョ・キエッリーニ、ジュリオ・ファルコーネ、マヌエレ・パスクアレ、クリスチャン・テルッチィ、ルシアーノ・ザウリ、クリスチャン・ゼノーニ

MF :マッシモ・アンブロジーニ、ジェンナーロ・デルベッキオ、マッシモ・ゴッビ、ファビオ・リベラーニ、ステファノ・マローネ、アンジェロ・パロンボ、フランコ・セミオリ

FW :アンドレア・カラッチョロ、ダビド・ディ・ミケーレ、アントニオ・ディ・ナターレ 、マウロ・エスポージト、クリスティアーノ・ルカレッリ、トマソ・ロッキ

| 代表関連 | comments(1) | trackbacks(1) |

ベッカム号泣「俺を切らないで」

イングランド代表から落選したMFデビッド・ベッカム(31)が、マクラーレン監督から通告された際、号泣したことが関係者の話で明らかになった。
7日に同監督からの電話を受けたベッカムは、激しく落胆し
「オレを切らないでくれ、スティーブ。少なくとも、あと6回は呼んでくれ」
と懇願。
目標の代表100試合出場へ悲痛な訴えを繰り返したという。

一方、マクラーレン監督は、11日午後のギリシャ戦(16日)メンバー発表会見中に失態を犯した。
今後も代表を目指すベッカムの意向をくむつもりが、思わず
「扉は開かない…あっ、失礼」
と口を滑らせてしまった。
慌てて
「決して扉を閉ざすことはない」
と言い直したが、代表の顔を切るという重圧のかかる舞台で、思わず本音が先に出てしまった可能性もある。

ただ、英国各メディアが行った緊急アンケートの結果、世論はマクラーレン監督が断行した改革路線とベッカム擁護で二分された。
マンチェスターUでコーチを務めた99年から3年間、指導した教え子を情にほだされず切った姿勢を新聞各紙は高く評価。
その上でMFレノンら次世代の台頭がめざましく、ベッカムの代表復帰は厳しいとの見方を示した。

| 代表関連 | comments(3) | trackbacks(1) |

新生オランダ代表発表、ファン・ニステルローイ外れる

オランダサッカー協会は11日、ダブリンで行われるアイルランド代表との親善試合(16日)に臨むオランダ代表メンバーを発表した。
U−21欧州選手権で優勝したオランダだが、キャプテンのMFスハールス(AZ)、エースストライカーのフンテラール(アヤックス)がA代表に昇格した。

レフティーのスハールスには、代表引退したコクーのポジションでのプレーが予想、そして期待されている。
フンテラールがワールドカップ・ドイツ大会メンバー選考から漏れたとき、オランダ国内では国民的大議論にまで発展した。
最近ではチャンピオンズリーグ予備戦、FCコペンハーゲンとの難しいアウエーゲームで少ないチャンスから2ゴールを挙げ、アヤックスの現エース、オランダの将来のエースであることを印象付けた。

一方でMFのファン・ボメル(バルセロナ)、ストライカーのファン・ニステルローイ(レアル・マドリー)は選考から漏れ、大きな衝撃を国内に与えた。

また、ブラックバーンからオファーを受け、現在所属先のPSVと移籍問題でもめているのがオーイヤー。
先週末PSVの練習をかぜで休んだが、病名は“移籍ウイルス”とうわさされている。
だがオーイヤーは無事代表に選ばれ、小さな驚きとなっている。

マドゥロ(アヤックス)は今回A代表、U−23代表の選出を見送られた。バベル(アヤックス)はU−23代表として15日、アウエーでU−23ドイツ代表と対戦する。

GK:
ファン・デル・サール(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ティマー(フェイエノールト)

DF:
オーイヤー(PSV)
ヤリンス(AZ)
マタイセン(AZ)
デ・クレアー(AZ)
ハイティンハ(アヤックス)
エマヌエルソン(アヤックス)

MF:
ランツァート(ウィガン/イングランド)
スナイダー(アヤックス)
ファン・デル・ファールト(ハンブルガーSV/ドイツ)
デ・ヨン(ハンブルガーSV/ドイツ)
スハールス(AZ)

FW:
フンテラール(アヤックス)
ロベン(チェルシー/イングランド)
ファン・ペルシ(アーセナル/イングランド)
フェネホール・オフ・ヘッセリンク(PSV)

| 代表関連 | comments(1) | trackbacks(1) |

アイスランド戦のスペイン代表メンバーを発表

8月15日にレイキャビクで行われるアイスランドとの親善試合に向け、ルイス・アラゴネス監督がスペイン代表メンバー22名を発表した。
ドイツワールドカップ後初の代表招集となったが、新たにメンバー入りしたのはMFオウビーニャ(セルタ)のみとなった。

会見の席でルイス・アラゴネス監督は、
「新たな追加は1人だけ。なぜなら今はプレシーズン中であり、(ドイツ)ワールドカップで率いた選手たちを信頼している」
と語った。

アイスランド戦に向けた招集メンバーは以下の通り。

GK:
カシージャス(R・マドリー)
レイナ(アーセナル)

DF:
サルガド(R・マドリー)
セルヒオ・ラモス(R・マドリー)
マルチェナ(バレンシア)
ファニート(ベティス)
パブロ(A・マドリー)
プジョル(バルセロナ)
アントニオ・ロペス(A・マドリー)
ペルニア(A・マドリー)

MF
アルベルダ(バレンシア)
オウビーニャ(セルタ)
シャビ・アロンソ(リバプール/イングランド)
ルイス・ガルシア(リバプール/イングランド)
シャビ(バルセロナ)
イニエスタ(バルセロナ)
セスク・ファブレガス(アーセナル/イングランド)
レジェス(アーセナル/イングランド)
ホアキン(ベティス)

FW:
ラウル(R・マドリー)
ビジャ(バレンシア)
フェルナンド・トーレス(A・マドリー)

| 代表関連 | comments(1) | trackbacks(2) |

ベッカム、新チームで代表漏れか

イングランド代表のスティーヴ・マクラーレン監督は現地時間10日、同国代表の新キャプテンにDFジョン・テリー(25)を指名した。
前キャプテンのMFデイヴィッド・ベッカムの役目を引き継ぎたいと語っていたMFスティーヴン・ジェラード(26)は、副キャプテンに選出されている。

マクラーレン監督は、イングランドサッカー協会の公式HP上で
「ジョン・テリーで間違いないと確信している。イングランド代表の歴代キャプテンのなかでも、最高の人物のひとりであることを、証明してくれるはずだ」
とコメント。
その理由について
「ジョンは、リーダーシップ、威厳、勇気、才能、戦術眼を兼ね備え、断固としてベストを追求するといった、代表のキャプテンに求められるすべての素質を持っている」
と、テリーがキャプテンとして非の打ち所がない選手だと称賛した。

テリーは所属先のチェルシーで守備の要としてリーグ2連覇に貢献し、代表でも不動のセンターバックとして活躍する。
「代表チームのキャプテンになるということは、この上ない名誉。このようなすばらしい機会を与えられ、心から誇りに思う。大変なチャレンジになると思うが、この役目を果たすことを非常に楽しみにしている」
と喜びの言葉を述べていた。

前代表主将であるベッカムはドイツ・ワールドカップ(W杯)後に6年間務めた代表主将の座から退いた。
W杯準々決勝のポルトガル戦でアキレス腱を痛めたが、現在は回復している。

これまで代表として94試合に出場したベッカムはかねて、100試合出場を目標に掲げていた。

| 代表関連 | comments(1) | trackbacks(1) |

ジダンのキャプテンマーク、ヴィエラが引き継ぐ

現地時間6日(以下現地時間)、フランス代表のドメネク監督は、2006年W杯を最後に現役を引退したジダンがこれまで担っていた同国代表キャプテンの職を、今後はヴィエラに任せる意向を示した。
ロイター通信が報じている。

16日に行なわれる国際親善試合ボスニア戦を前に、ドメネク監督は
「キャプテンはヴィエラになるだろう。それが理にかなっている」
と地元テレビ局に語った。

ヴィエラはこれまでフランス代表通算94キャップを誇るなど代表経験は十分。
そのうち、8回チームキャプテンを経験している。
また、ジダン、マケレレ、テュラムが代表に復帰するまでのチームでもキャプテンを務めていた。

なお、フランス代表は、EURO2008予選を9月2日からスタートさせる。

| 代表関連 | comments(1) | trackbacks(0) |

かつてないマルディーニ不在のW杯

今回のW杯を彼はそのキャリアで初めて、イタリア代表として主役を張るのではなく、観客として眺める側へと回る。
すべての人にとって、そしてミランDFマルディーニ本人にとっても、それはどこか奇異なことだ。

バカンスに入る前、ミランのキャプテンはその胸中を明らかにした。
「自らがドイツの地にいないことを残念に思うだろう。W杯は何よりも厳しく、プレッシャーも大きい大会だが、その舞台でプレイすることは何にも代えがたい素晴らしいことだからね」。

これまで4度のW杯に出場している彼は、出場していればドイツのマテウスが持つ本大会25試合出場という記録を破ることができたかもしれない。
1990年6月9日のオーストリア戦以降、マルディーニはW杯全試合に出場し、通算で2218分間ピッチに立った。
これはイタリア代表における最高記録である。

90年のイタリア大会に始まり、PKで優勝を逃した94年のアメリカ大会、準々決勝で涙を飲んだフランス大会、そして4年前の日韓共催まで計4回のW杯にマルディーニは出場した。
そして4年前に日韓共催大会が幕を閉じた時、彼はミランに自らのすべてを捧げるべく、代表引退を決意した。
熟考した末に下された、イタリアサッカー界の誰もが見習うべき英断だった。
リッピ監督と代表チームにエールを送りつつ、マルディーニはこう語った。
「今回は、長いサッカーの歴史を持つヨーロッパの一国での開催ということもあり、素晴らしい大会になるだろう。きっと、胸躍るような出来事に僕は多分辛くなるだろうね。正直に言うと、このW杯でイタリア代表のユニフォームがこいしくなるんじゃないかな」。

| 代表関連 | comments(1) | trackbacks(0) |

移籍の噂

2007年3月

Categories

Archives

Calender

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お勧め商品

ユベントスオフィシャルDVD 2004-2005シーズンスクデッド獲得の軌跡 BOXセット (限定3000セット)
ユベントスオフィシャルDVD 2004-2005シーズンスクデッド獲得の軌跡 BOXセット (限定3000セット)
ドイツW杯への道 nakata.net
ドイツW杯への道 nakata.net
中田 英寿, 小松 成美
THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP FIFAワールドカップ歴代大会全記録[DVD SPECIAL BOX]
THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP FIFAワールドカップ歴代大会全記録[DVD SPECIAL BOX]

Links


お財布.com

ホームページリンク
Amazonで商品を探す
相互リンク募集 検索エンジン登録 アクセスアップ SEO対策

Servece By paperboy&co. Powered By JUGEM. Designed By Seedleaf.