<PR>携帯でお小遣いを稼ぐならお財布.com

選手の引退 | サッカーニュース♪

メインはイタリアセリエAのニュースです。リーグ戦、CL、移籍関連など随時更新していく予定です。

↓からお勧め商品へGO
HIDETOSHI NAKATA DVD-BOX 1
HIDETOSHI NAKATA DVD-BOX 2
2006FIFAワールドカップ ドイツ オフィシャルライセンスDVD「大会チャンピオン 優勝への軌跡」
THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP FIFAワールドカップ歴代大会全記録[DVD SPECIAL BOX]
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD ベストマッチ10
HIDETOSHI NAKATA DVD-BOX 1
HIDETOSHI NAKATA DVD-BOX 2
2006FIFAワールドカップ ドイツ オフィシャルライセンスDVD「大会チャンピオン 優勝への軌跡」
THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP FIFAワールドカップ歴代大会全記録[DVD SPECIAL BOX]
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD ベストマッチ10

セリエA情報リンク

日程・結果
順位
戦績
ゴールランキング

Pick Up Item

NewEntries

RecentComments

RecentTrackback

Game

Jリーグ ウイニングイレブン10+(プラス) 欧州リーグ'06-07
Jリーグ ウイニングイレブン10+(プラス) 欧州リーグ'06-07
ワールドサッカーウイニングイレブン10

ワールドサッカーウイニングイレブン10

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

ベルカンプ、引退試合にオールスター集結



22日、アーセナルは今季からオープンする新ホーム、エミレーツスタジアムのこけら落としとして長年クラブを支えたデニス・ベルカンプの引退試合を開催、ベルカンプの古巣であるアヤックスと対戦した。

ベルカンプを愛するガナーズ(アーセナルの愛称)のファンは、赤白のアーセナルカラー、あるいはオランダ代表カラーであるオレンジでスタジアムを美しく飾り、イアン・ライト、パトリック・ビエラなどのOBの出場も華を添えた。

試合はアヤックスのカルステン・フンテラールが先制するも、アンリ、カヌーのゴールでアーセナルが逆転した。
前半、現役選手中心の試合も、後半は一転伝説の選手たちの華やかな祭典に代わった。
ベルカンプは前半はアーセナルで、後半はアヤックスでプレー。
アヤックスではマルコ・ファンバステン(オランダ代表監督)、フランク・ライカールト(バルセロナ監督)なども登場。
監督はヨハン・クライフという豪華な布陣。一方アーセナルはビエラにエマヌエル・プティ、マルク・オーフェルマルスなども参加し、ベルカンプの偉大さ象徴していた。

「わたしは11年アーセナルで過ごし、想像しうる最大の成功をすることができた。それはわたしを支えてくれた素晴らしいファンあってこそのことだ」

ベルカンプは試合終了後、マイクをもって挨拶をし、ピッチサイドを一周しファンに別れを告げた。



デニス・ベルカンプ
父親がデニス・ローの熱狂的ファンだったため、彼にデニスの名を付けたのは有名な話。
また飛行機嫌いも有名である。
天才的なシュートセンスと冷静さを併せ持ち、代表で記録したゴールの数はヨハン・クライフやマルコ・ファン・バステンといった伝説的プレーヤーをも上回っている。
特に1998年ワールドカップでアルゼンチンを葬り去った技巧的シュートは圧巻だった。
フランク・デ・ブールからのロングパスを見事にコントロールすると同時にDFをかわし、次の瞬間にはシュートを放っていた。
このゴールはオランダを準決勝に導き、自身もオランダ歴代最多得点の栄誉を勝ち取った非常に重要な得点といえる。
オランダが2002年ワールドカップの出場権獲得に失敗した大きな要因として、ベルカンプの代表引退がある。
ベルカンプ引退後のオランダ代表は攻撃の形がいまいち定まらず、本来の力が出せないでいた。もしベルカンプが引退しなければ、2002年ワールドカップ出場国の面子は、また違ったものになっていただろう。

1977-86 ビルスクラハト/SNLアムステルダム
1986-93 アヤックス
1993-95 インテル(イタリア)
1995-2006 アーセナル(イングランド)

| 選手の引退 | comments(1) | trackbacks(0) |

“人生とは旅であり、旅とは人生である”

〜1985年12月1日 - 2006年6月22日〜

俺が「サッカー」という旅に出てからおよそ20年の月日が経った。
8歳の冬、寒空のもと山梨のとある小学校の校庭の片隅からその旅は始まった。

あの頃はボールを蹴ることに夢中になり
必死でゴールを決めることだけを目指した。
そして、ひたすらゲームを楽しんだ。
サッカーボールは常に傍らにあった。

この旅がこんなに長くなるとは俺自身思いも寄らなかった。
山梨の県選抜から関東選抜、U−15、U−17、ユース、そしてJリーグの一員へ。
その後、自分のサッカー人生の大半を占める欧州へ渡った。

五輪代表、日本代表へも招聘され
世界中のあらゆる場所でいくつものゲームを戦った。

サッカーはどんなときも俺の心の中心にあった。
サッカーは本当に多くのものを授けてくれた。
喜び、悲しみ、友、そして試練を与えてくれた。

もちろん平穏で楽しいことだけだったわけではない。
それ故に、与えられたことすべてが俺にとって素晴らしい“経験”となり、
“糧”となり、自分を成長させてくれた。

半年ほど前からこのドイツワールドカップを最後に
約10年間過ごしたプロサッカー界から引退しようと決めていた。

何か特別な出来事があったからではない。その理由もひとつではない。
今言えることは、プロサッカーという旅から卒業し“新たな自分”探しの旅に出たい。
そう思ったからだった。

サッカーは世界で最大のスポーツ。
それだけに、多くのファンがいて、また多くのジャーナリストがいる。
選手は多くの期待や注目を集め、そして勝利の為の責任を負う。
時には、自分には何でも出来ると錯覚するほどの賞賛を浴び
時には、自分の存在価値を全て否定させられるような批判に苛まれる。

プロになって以来、「サッカー、好きですか?」と問われても
「好きだよ」とは素直に言えない自分がいた。
責任を負って戦うことの尊さに、大きな感動を覚えながらも
子供のころに持っていたボールに対する瑞々しい感情は失われていった。

けれど、プロとして最後のゲームになった6月22日のブラジル戦の後
サッカーを愛して止まない自分が確かにいることが分かった。
自分でも予想していなかったほどに、心の底からこみ上げてきた大きな感情。

それは、傷つけないようにと胸の奥に押し込めてきたサッカーへの思い。
厚い壁を築くようにして守ってきた気持ちだった。

これまでは、周りのいろんな状況からそれを守る為
ある時はまるで感情が無いかのように無機的に、またある時には敢えて無愛想に振舞った。
しかし最後の最後、俺の心に存在した壁は崩れすべてが一気に溢れ出した。

ブラジル戦の後、最後の芝生の感触を心に刻みつつ
込み上げてきた気持ちを落ち着かせたのだが、最後にスタンドのサポーターへ
挨拶をした時、もう一度その感情が噴き上がってきた。

そして、思った。

どこの国のどんなスタジアムにもやってきて
声を嗄らし全身全霊で応援してくれたファン――。
世界各国のどのピッチにいても聞こえてきた「NAKATA」の声援――。
本当にみんながいたからこそ、10年もの長い旅を続けてこられたんだ、と…。

サッカーという旅のなかでも「日本代表」は、俺にとって特別な場所だった。

最後となるドイツでの戦いの中では、選手たち、スタッフ、そしてファンのみんなに
「俺は一体何を伝えられることが出来るのだろうか」、それだけを考えてプレーしてきた。

俺は今大会、日本代表の可能性はかなり大きいものと感じていた。
今の日本代表選手個人の技術レベルは本当に高く、その上スピードもある。
ただひとつ残念だったのは、自分たちの実力を100%出す術を知らなかったこと。
それにどうにか気づいてもらおうと俺なりに4年間やってきた。
時には励まし、時には怒鳴り、時には相手を怒らせてしまったこともあった。
だが、メンバーには最後まで上手に伝えることは出来なかった。

ワールドカップがこのような結果に終わってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
俺がこれまでサッカーを通じてみんなに何を見せられたのか、
何を感じさせられたのか、この大会の後にいろいろと考えた。
正直、俺が少しでも何かを伝えることが出来たのか…
ちょっと自信がなかった。

けれどみんなからのmailをすべて読んで
俺が伝えたかった何か、日本代表に必要だと思った何か、
それをたくさんの人が理解してくれたんだと知った。
それが分かった今、プロになってからの俺の“姿勢”は
間違っていなかったと自信を持って言える。

何も伝えられないまま代表そしてサッカーから離れる、というのは
とても辛いことだと感じていた。しかし、俺の気持ちを分かってくれている“みんな”が
きっと次の代表、Jリーグ、そして日本サッカーの将来を支えてくれると信じている。

だから今、俺は、安心して旅立つことができる。

最後にこれだけは伝えたい。

これまで抱き続けてきた“誇り”は、
これからも俺の人生の基盤になるだろうし、自信になると思う。
でもこれは、みんなからの“声”があったからこそ
守ることが出来たものだと思う。

みんなの声を胸に、誇りを失わずに生きていく。

そう思えればこそ、この先の新たな旅でどんな困難なことがあろうと
乗り越えていけると信じられる。

新しい旅はこれから始まる。

今後、プロの選手としてピッチに立つことはないけれど
サッカーをやめることは絶対にないだろう。
旅先の路地で、草むらで、小さなグラウンドで、誰かと言葉を交わす代わりに
ボールを蹴るだろう。子供の頃の瑞々しい気持ちを持って――。

これまで一緒にプレーしてきたすべての選手、関わってきてくれたすべての人々、
そして最後まで信じ応援し続けてきてくれたみんなに、心の底から一言を。

“ありがとう”


ひで 



※本文の転載につきましてはnakata.net様より許可をいただいております。

| 選手の引退 | comments(1) | trackbacks(0) |

中田英寿 現役引退を表明!!

サッカー日本代表MFの中田英寿(29)が3日、自身の公式ホームページ『nakata.net』で現役引退を発表した。

中田英は、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会・グループリーグのブラジル戦の前に、同HPで「最後」を強調した言葉を掲載していた。
次回2010年南アフリカW杯では33歳となることから、ドイツ大会後の「代表引退」がうわさされていたが、今回の突然の「現役引退」発表で、代表だけでなくサッカー選手としてのキャリアにも終止符を打つことになった。

中田選手は
「何か特別な出来事があったからではない。その理由もひとつではない」
としつつ、
「プロサッカーという旅から卒業し“新たな自分”探しの旅に出たい」
と、引退理由について語った。

HPによると、中田選手は
「半年ほど前からこのドイツワールドカップを最後に約10年間過ごしたプロサッカー界から引退しようと決めていた」
と、日本代表が1次リーグで敗退したワールドカップ(W杯)ドイツ大会を最後に、引退を決意していた心境を告白している。

中田選手は山梨県出身。
韮崎高から95年、当時Jリーグ1部(J1)にいたベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)入り。
98年W杯フランス大会後、イタリア1部・セリエAのペルージャに移籍。
ASローマ、ボルトンなど欧州のトップリーグでプレーしてきた。
W杯は98年大会から3大会連続出場。国際Aマッチ77試合に出場し11ゴールを挙げ、日本の中心選手として活躍した。


| 選手の引退 | comments(1) | trackbacks(27) |

ロイ・キーン 輝かしい功績を残して現役を引退

現地時間12日(以下現地時間)、元アイルランド代表でセルティック(スコットランド)に所属するMFロイ・キーン(34)が、現役から引退することが明らかになった。
ロイター通信が報じている。

「チームのドクターなどに相談した結果、アドバイスを受け入れ引退する選択肢しか私にはなかった」
とセルティックの公式HPで表明したキーン。
でん部に持病を抱えており、このまま現役を続けるかどうか去就が注目されていた。

キーンは、不屈の精神力と無骨なプレイスタイルが信条で、昨年まで所属していたマンチェスターU(イングランド)ではキャプテンを務め、強豪ひしめくプレミアリーグで7回優勝し、FA杯を4度獲得した。

今年5月、キーンの功績をたたえる記念試合が行なわれたが、その際マンチェスターUのアレックス・ファーガソン監督はキーンを評してこう語った。

「なぜ、ロイ・キーンがベストプレーヤーなのかとよく聞かれる。カントナやスコールズやギグスより優れた選手なのかと。彼がそういったプレーヤーより才能に恵まれていないのは確かだ。それどころか、遠く及ばない。だけど、彼の勝利に対する執念、統率力、成功への野心。そういったもので彼はチーム一のキープレーヤーになり、偉大なキャプテンになったんだ。私のなかでは、彼こそがナンバー1だ」と最大限の賛辞を送っている。

| 選手の引退 | comments(1) | trackbacks(0) |

移籍の噂

2007年3月

Categories

Archives

Calender

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お勧め商品

ユベントスオフィシャルDVD 2004-2005シーズンスクデッド獲得の軌跡 BOXセット (限定3000セット)
ユベントスオフィシャルDVD 2004-2005シーズンスクデッド獲得の軌跡 BOXセット (限定3000セット)
ドイツW杯への道 nakata.net
ドイツW杯への道 nakata.net
中田 英寿, 小松 成美
THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP FIFAワールドカップ歴代大会全記録[DVD SPECIAL BOX]
THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP FIFAワールドカップ歴代大会全記録[DVD SPECIAL BOX]

Links


お財布.com

ホームページリンク
Amazonで商品を探す
相互リンク募集 検索エンジン登録 アクセスアップ SEO対策

Servece By paperboy&co. Powered By JUGEM. Designed By Seedleaf.